ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研修・セミナー

北関東デジタルものづくりネットワーク事業
令和元年度デジタルものづくり技術者研修会
「3D形状計測結果の活用方法(GOM Inspect操作方法)研修会」開催のご案内


締め切りました。

 デジタルものづくりの拡大に伴い、ATOSをはじめとした3Dスキャナの利用が広まっております。これに伴い3Dスキャナで取得した測定結果の活用が課題となってきております。そのため、3Dスキャナの測定結果の活用方法について、測定結果の評価ソフトウェアの操作方法等を学んでいただき、デジタルものづくりについての技術移転を目指す研修会を開催いたします。
 今回は、群馬産業技術センターにある3Dスキャナ(ATOS)から出力される非接触形状測定結果を用いて各種の形状評価を行うことの出来るソフトウェアである GOM Inspect の操作を研修していただくことにより、3Dスキャナの活用した検査やものづくりについての知識と経験を深めていただきます。
 最新のデジタルものづくりに触れていただく良い機会ですので、是非ご参加ください。

  
日 時 令和元年9月19日(木) 13:30〜16:30
会 場 群馬県立群馬産業技術センター コンピュータ実験室 (前橋市亀里町884−1)
内 容
「GOM Inspectを利用した3D形状計測結果の活用方法」

【講 師】 丸紅情報システムズ株式会社 製造ソリューション事業本部
計測製造ソリューション部  吹野 清二 氏
受講料 無料
定 員 12名
お問い合わせ
申込先
参加申込書 (wordファイル:36KB)に必要事項をご記入の上、群馬産業技術センター 応用機械係 小谷あてにFAXにてお申込みください。
TEL 027−290−3030(代)
FAX 027−290−3040   
申込締切 令和元年9月10日(火)先着順