ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研修・セミナー

環境試験セミナー 開催のご案内

〜 環境試験の基礎から加速試験の考え方まで解説します 〜


終了しました。

 製品が遭遇するであろう環境を予め作り出し、その製品を環境にさらすことにより、事前に潜在的なトラブルを予防し、製品の信頼性を確保する環境試験は、条件設定のために十分な知見や経験が必要となります。
 「環境試験にはどのような試験があるのか?」、「試験の流れと留意すべき条件はどのようなことか?」など、環境試験の基礎から加速試験の考え方まで幅広く理解することを目的としたセミナーを開催致します。
 また、セミナー修了後、国の「地方創生拠点整備事業」で導入した恒温恒湿室や、既設の超促進耐候性試験機などを見学して頂けます。ごご希望の方は下記の参加申込書にご記入の上、お申し込みください。

日 時 平成31年2月26日(火) 午後13時10分から午後16時まで
場 所 東毛産業技術センター 第2研修室
(〒373-0019 群馬県太田市吉沢町1058-5)
内 容
  開会の挨拶 東毛産業技術センター長     13:10〜13:15

13:15〜14:40 (25分)
【テーマ】 1.環境試験の概要
1.1 製品を取り巻く環境
1.2 携帯電話(例)を環境試験する
1.3 環境試験とは
1.4 なぜ環境試験が行われるのか?
1.5 環境試験の必要性
1.6 製品を取り巻く環境の分類
1.7 環境条件の分類
1.8 自然環境(温度・湿度)
1.9 車を日常使用する場合に遭遇する環境の例
1.10 製造過程で遭遇する環境の例
1.11 信頼性試験としての環境試験の役割
1.12 環境試験の種類
1.13 製品のライフサイクルと環境試験のかかわり
1.14 環境試験の結果を活用して可能になること
【講 師】 エスペック株式会社 営業担当者

13:40〜14:10 (30分)
【テーマ】 2.環境試験の規格
2.1 標準化と規格
2.2 規格の分類と主な規格
2.3 欧州規格
2.4 国内規格
2.5 環境試験関連の規格(電子・電気・自動車)
2.6 JTM規格(日本試験機工業会規格)
【講 師】 エスペック株式会社 営業担当者

14:10〜14:40 (30分)
【テーマ】 3.環境試験の規格
3.1 温湿度試験とは
3.2 温湿度試験はどんなものか?
3.3 恒温恒湿槽
3.4 恒温恒湿槽の用途例
3.5 恒温恒湿槽を使った試験例
3.6 冷熱衝撃装置
3.7 高度加速寿命試験装置
3.8 試験の流れと留意すべき条件
【講 師】 エスペック株式会社 営業担当者

14:40〜14:50 (休憩)

14:50〜15:20 (30分)
【テーマ】 4.超促進耐候性試験
4.1 超促進耐候性試験機とは
4.2 超促進耐候性試験機に使用する光源
4.3 超促進耐候性試験機の概要
4.4 試験の流れと留意すべき条件
4.5 実環境における実験結果との違い
【講 師】 岩崎電気株式会社 営業担当者

  質疑応答・アンケート記入 各講師           15:20〜15:30

  装置見学 東毛産業技術センター 光計測係職員  15:30〜16:00
定 員 20名 (先着順)
参加費 2,570円 (県外企業の方は3,850円)
※ただし、群馬県ものづくり技術研究会会員様は無料
申込締切 平成31年2月21日(木)
申込方法 参加申込書 (PDFファイル:183KB)に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。
問い合わせ・申込先 〒373−0019 太田市吉沢町1058−5
東毛産業技術センター 光計測係 世取山宛て
TEL 0276−40−5090 FAX 0276−40−5091
E-mail:git@tec-lab.pref.gunma.jp