ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研修・セミナー

平成29年度 分析技術講習会 開催のご案内

〜 最新ICPの測定手法について 〜


現在、募集中です。

 高周波誘導結合プラズマ発光分光分析法(ICP-OES)は、溶液中の微量元素の定量方法の一つであり、鉄鋼材料、鉱石等の無機分析の他、環境水、食品中ミネラル成分の分析にも活用されています。ICP-OESでは共存元素の影響を抑えることが正確な分析値を得る上で大切です。講習では、最新ICPの機能紹介、測定時に問題となる干渉とその対策を紹介します。

日 時 平成29年10月26日(木) 10:00 〜 15:00
場 所 群馬産業技術センター 第2研修室・化学分析室 (前橋市亀里町884-1)
主 催 群馬県分析研究会
プログラム
◆午前【講義】 10:00〜12:00
 ICP-OESの原理、装置構成、機能紹介
 ICP発光における干渉とその対策
 (分光干渉、イオン化干渉、物理干渉)

◆午後【実習】 13:00〜15:00
 内標準の正しい使い方
 試料の粘度、酸濃度が測定に与える影響
講 師 株式会社パーキンエルマージャパン
 アプリケーションリサーチラボ  古川 真 氏
参加料 無料
定 員 10名 (分析研究会 会員限定)
申込締切 平成29年10月20日(金) (定員になり次第締め切ります)
申込方法 参加申込書 (PDFファイル:875KB)に企業名、役職、氏名、電話番号、メールアドレスを明記の上、FAXまたはメールにてお送りください。
問い合わせ先

群馬県分析研究会事務局 (群馬産業技術センター 化学材料係)
〒379-2147 前橋市亀里町884-1
TEL:027-290-3030 FAX:027-290-3040
E-mail: git@tec-lab.pref.gunma.jp