ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研修・セミナー > 産学官交流出会いの場

「産学官交流出会いの場」 〜連携から連帯へ〜
テーマ「計測 part2」


1.開催日時

平成17年11月2日(水) 14:00〜17:00

2.場 所

群馬産業技術センター 第1研修室
 前橋市亀里町884−1  (地図・交通アクセス

3.今回のテーマ

「計測 part2」

4.内 容

技術シーズの提供
 ○イントロダクション「X線CTの基礎知識」 14:05〜
  群馬産業技術センター 計測グループ 小宅 勝
 
 ○「X線CTを用いた文化財の3次元デジタル化」 14:15〜
  早稲田大学 大学院国際情報通信研究科 助教授 河合 隆史 氏 
<概要>文化財の3次元デジタル化にかかる従来の手法では、表面形状のみの計測であり、隠蔽された部分は計測できないという問題がありました。これに対して本研究では、X線CTを用いることで、内部構造も含めた3次元デジタル化と応用に取り組んでおり、本講演においてはその事例等について紹介します。
 
 ○「X線CTスキャンによるリバースエンジニアリング技術適用事例」 15:10〜
  (株)ミツバ 生産技術部加工技術課 清水 洋 氏 
<概要>現物の製品をX線CTスキャンでモデル化し、CAE解析等に活用する「リバースエンジニアリング技術」が注目されています。今回は、(株)ミツバにおけるダイカスト鋳造部品での適用・検証について、その成果と応用事例を紹介します。
 
 ○「現物情報を活かしたものづくりへのX線CT活用」  15:40〜
  (株)日立製作所 電力グループ 日立事業所 佐藤 克利 氏
<概要>3次元測定器やX線CTにより現物の情報を取得し、それをものづくりに活用しようという動きが活発になってきました。X線CT装置の選択方法と、CT画像を扱う上での注意事項および活用事例を検証結果を含め紹介します。
■技術交流会  16:10〜  
 個別の技術交流の場として、交流会を行います。

5.参加費

無 料

6.申込み

参加をご希望なさるかたは、参加申込書(PDF版)に必要事項をご記入のうえFAXまたはE-mailで、平成17年11月1日(火)までにお申し込みください。

7.お問い合わせ

群馬県立群馬産業技術センター
 技術開発相談グループ 中村、小松
 TEL:027-290-3071(音声案内後609) 027-290-3030(代) FAX:027-290-3040
 E-mail:git@tec-lab.pref.gunma.jp