ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研修・セミナー > 産学官交流出会いの場

「産学官交流出会いの場」
テーマ:「健康科学に関する技術開発」


終了しました。

 群馬県立産業技術センターでは技術開発の中核的支援機関として、「産学官交流出会いの場」を開催し、技術開発を試みる企業と大学等の研究者とが積極的に交流できるきっかけの場を提供しています。
 今回は、「健康科学に関する技術開発」の事例について紹介いたします。産学連帯のきっかけにしていただければ幸いです。皆さまのご参加をお待ちしています。

開催日時 平成26年3月10日(月) 13:30〜17:00
開催場所 群馬産業技術センター 第1研修室 (前橋市亀里町884-1)
テーマ 「健康科学に関する技術開発」
プログラム
(1)「ORAC法を用いた食品の抗酸化能測定について」 13:35〜14:15
  群馬産業技術センター バイオ・食品係 関口昭博

 食品の抗酸化能に近年注目が集まっています。群馬産業技術センターにおいて、ORAC法を用いた食品の抗酸化能測定ができるようになりましたので、その概要についてご紹介します。
(2)「活性酸素の検出・評価と酸化ストレス」 14:15〜15:15
  高崎健康福祉大学 薬学部 細胞生理化学研究室 助教 坂井隆浩 氏

 酸化ストレスは、がん、神経変性疾患、糖尿病をはじめとした生活習慣病など、様々な疾患の発症や悪化に多大な影響を及ぼすと考えられています。本講演では、これらの疾患と酸化ストレスの関連性を明らかにするため、酸化ストレスの根源である活性酸素の検出・評価方法と、その応用について紹介します。
(3)「キトサンの健康科学分野への応用」 15:25〜16:25
  日本化薬フードテクノ株式会社 研究所次長 前崎祐二 氏

 カニやエビの外骨格から精製されるキトサンはアミノ基を介して様々な物質と結合する性質を持つ上、ヒトの消化酵素では分解されない性質を有するので、他の食物繊維にはないユニ-クな機能性を有する。本講演では特定保健用食品の保健の用途である血中コレステロール低下作用および新規の知見としてダニアレルゲンの吸着作用について説明する。
●交流会 16:30〜17:00

個別の情報交換の場として、交流会を行います。
講師、参加者同士の名刺交換、情報交換にご活用ください。
主 催 群馬県立群馬産業技術センター
共 催 群馬県次世代産業振興戦略会議
群馬県食品工業協会
参加料 無料
申込締切 平成26年3月5日(水)
申込方法 参加申込書 (PDFファイル:399KB)に必要事項をご記入の上、FAXまたはメール にてお送りください。
問い合わせ先

群馬産業技術センター 企画管理係
〒379-2147 前橋市亀里町884-1
TEL 027-290-3030(代表) FAX 027-290-3040
E-mail: git@tec-lab.pref.gunma.jp