ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

乾燥焙煎米ぬか麹のご紹介


研究開発の概要  平成29年度成長力強化のための産官学共同研究で行った研究である。米ぬかをそのまま食品にすることを目的に、 ぬか臭さの低減のための焙煎処理、焙煎米ぬかの麹化、さらに保存性向上のための乾燥処理を行って、炊飯時に添加 できる「乾燥焙煎米ぬか麹」を開発した。焙煎米ぬかの麹化には、群馬産業技術センター保有特許である「米糠麹の 製造方法(特許第3858068号)」を利用した。
製品サンプルの写真 成形品の一例
成形品の一例
製品サンプルの特徴 ・原料は米ぬかのみ(デンプン以外の豊富な栄養素を含んでいる)
・米ぬかを焙煎することで、米ぬか特有の臭みを軽減
・さらにその焙煎米ぬかを麹にして付加価値(酵素やビタミンの増加)を高めている。
・写真の製品サンプル(約15g)を炊飯時、1合の白米に加えれば、玄米の栄養価と同等のごはんが食べられる。 色は付くが味に違和感はない。
産業技術センターの役割 米ぬかの焙煎条件や麹の乾燥条件の検討。「米糠麹の製造方法(特許第3858068号)」の技術移転を行うなど、試作 工程全般を支援した。
課題や今後の予定 製造委託先の開拓
共同研究企業等 ふるさと食品株式会社 (高崎市中居町 代表取締役:長壁紀夫)
センター担当者 群馬産業技術センター
 環境・エネルギー係:関口昭博、食品・健康係:五十風昭