ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

遠心分離で上槽した清酒のご紹介


研究開発の概要  近藤酒造株式会社と実施した共同研究(平成29年度)において、通常のフィルタープレス式による上槽(もろみから清酒を搾ること)に代えて遠心分離機により上槽した清酒造りに取り組んだ。群馬産業技術センターでは、通常の上槽法と清酒の一般成分、香気成分、官能評価による比較を行い、想定される遠心上槽法の利点を検証した。
製品サンプルの写真 開発した清酒「赤城山」
開発した清酒「赤城山」
製品サンプルの特徴 上槽の際に過度な圧力がかからないため、酒質が非常に綺麗である。また、密閉空間で上槽されるため、香気成分の蒸散が少なく、香り高い酒となる。
産業技術センターの役割 各種成分分析、官能検査を実施した。
課題および今後の予定 平成30年以降販売予定。
共同研究企業等 近藤酒造株式会社 ( みどり市大間々町)担当者:代表取締役社長 近藤雄一郎
担当者名 群馬産業技術センター バイオ・微生物係:増渕 隆