ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

プラスチック使用量を低減した食器セットのご紹介


研究開発の概要  現状、多くのプラスチックは石油から製造されており、環境保護の一環として、その使用量の削減が急務となっている。このことを踏まえ、プラスチックに炭酸カルシウムを混練し、プラスチック使用量が従来の半分以下となるような食器セットの製造技術を確立した。
 なお、本製品サンプルは、株式会社アースクリエイトおよび有限会社恒星社との研究(平成29年度)成果である。
製品サンプルの写真 炭酸カルシウムが50%以上混練された食器セット
炭酸カルシウムが50%以上混練された食器セット
製品サンプルの特徴 ・炭酸カルシウムが50%以上混練されており、プラスチック使用量は従来の半分
 以下であるため、焼却時の二酸化炭素排出量を削減できる。
・可燃物として処分でき、廃棄にかかるコストや労力を軽減できる。
・炭酸カルシウムの効果によりカビが繁殖しにくい。
産業技術センターの役割 ・成形条件の改良検討
・食器セットの物性評価
課題および今後の予定 非常時・災害時の備蓄資材やキャンプ用品して用途展開する予定。
共同研究企業等 株式会社アースクリエイト(大阪市中央区本町)担当者:代表取締役 西宮祥行
有限会社恒星社(富岡市後賀)担当者:代表取締役社長 佐藤一郎
担当者名 群馬産業技術センター 環境・エネルギー係:恩田紘樹
東毛産業技術センター 上席研究員(センター長):鈴木 崇