ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

帯状デザインの樹脂糸製和風ランプシェイドのご紹介


研究開発の概要  株式会社彦部科学との共同研究(平成28年度)により、新たなデザインのランプシェイドを開発した。樹脂糸を帯状に配置し、内側に照明が入れられる中空形状となっており、デザイナーの意図した形状を忠実に再現した意匠性の高いデザインとなっている。
 試作段階では、樹脂糸を帯状に巻きつける糸巻き加工機を手動でスライドさせていたため、品質にばらつきが生じ、製品化が困難であった。本研究においてPLC(プログラマブルロジックコントローラ)とアクチュエータを利用した自動軸送り機構を開発し、加工品質と生産性の大幅な向上を実現し、製品化へ結びつけた。
製品サンプルの写真 ランプシェイド
      樹脂糸製和風ランプシェイド
製品サンプルの特徴  ビニロン製の樹脂糸を中空形状に巻いたランプシェイドであり、軽量で安全性に優れた製品である。樹脂糸の色や巻き付け幅、間隔など加工条件を簡単に変更できるため、製品サイズや異なるデザインの製品など多品種少量生産への対応が可能である。
産業技術センターの役割 産業技術センターではPLCを利用した糸巻き加工機を自動で制御するプログラムを開発し、加工品質と生産性の向上に関する支援を行った。
課題および今後の予定 大手照明器具メーカーへのOEM供給を開始している。
共同研究企業等 株式会社彦部科学( 桐生市広沢町)
担当者:代表取締役 彦部恭一
担当者名 群馬産業技術センター 生産システム係:狩野幹大、金属材料係:黒岩広樹