ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

人協調ロボットとAIを組み込んだ製造用共通プラットフォームシステムのご紹介


研究開発の概要  システムセイコー株式会社と実施した、ロボット導入促進のためのシステムインテグレータ育成事業(平成28年度)において、双腕ロボットにAI(ディープラーニング)よる画像検査機能を組み込み、共通プラットフォーム (ORiN) にて制御することが可能なシステムを開発した。
製品サンプルの写真 人協調ロボット
          人協調ロボット

AIを組み込んだ外観検査アプリケーション
   AIを組み込んだ外観検査アプリケーション
製品サンプルの特徴  作業者との協働が可能な双腕ロボットを使用しており、半導体及び電子デバイス製造工程において人による手作業と協調作業を行うことできるロボットシステムである。また、ディープラーニングを利用した画像処理機能を搭載したので、これまで勘と経験でしか対応できなかった検査対象物についても、検査が可能である。さらに、共通プラットフォーム(ORiN)を採用したので、様々なメーカーのロボットや制御機器にも容易に対応できる。
産業技術センターの役割 ・ディープラーニングの組み込みソフトウェア開発支援
・共通プラットフォーム(ORiN)の組み込み開発支援
課題および今後の予定 今後は、ロボットメーカーの設計担当者と連携して、共通プラットフォームのシステム開発を進めていく予定。
共同研究企業等 システムセイコー株式会社 ( 高崎市福島町 代表取締役 細野正己)
担当者:細野 正寛
担当者名 群馬産業技術センター 研究調整官:細谷 肇、電子機械係:石黒 聡・町田晃平