ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

多成分ガス測定装置のご紹介


研究開発の概要  生産現場向けの多成分ガス測定装置。試料ガスを分離カラムで分離後にガスセンサで測定することで、C1〜C4炭化水素、 CO2及びH2を測定できる。
 平成26年度の群馬産業技術センター試験・分析高度化研究で開発したもので、射出成形現場における成形不具合の予兆把握(不良品削減)などに応用可能である。
製品サンプルの写真 製品サンプルの写真
         多成分ガス測定装置
製品サンプルの特徴 【測定対象ガス及び濃度範囲】
  C1〜C4炭化水素:50〜10,000ppm
  CO2:450〜5,000ppm
  H2:17〜850ppm
 【ユーティリティ】圧縮空気及び100V電源のみ
 【特     許】出願済み(特願2015-159028)
課題および今後の予定 実際の現場測定に合わせてカスタマイズしていく予定。
共同研究企業 センター単独研究
担当者名 群馬産業技術センター 環境・エネルギー係 小松秀和、恩田紘樹
生産システム係 狩野幹大