ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

産業廃棄物扱いにならないプラスチックシートのご紹介


研究開発の概要  多くの汎用プラスチックは石油から製造されており、環境保護の一環としてプラスチック使用量を削減する技術の確立が希求されている。そこで、株式会社アースクリエイトと共同で、汎用プラスチックに無機物であるCaCO3を高い重量割合で混練することで産業廃棄物扱いとならないプラスチックシートを開発した。
製品サンプルの写真 産業廃棄物扱いにならないプラスチックシートの製品例
     産業廃棄物扱いにならないプラスチックシートの製品例
製品サンプルの特徴 ・可燃物として廃棄でき、産業廃棄物扱いとならない。
 →廃棄に係るコストや労力の削減
・容器・包装リサイクル法の適用外となる。
 →製造コストの実質的削減
・焼却時の二酸化炭素排出量を削減できる。
 →環境保護への貢献
産業技術センターの役割 本製品サンプルのプラスチックシートについて、耐候性評価や物性評価を行った。
課題および今後の予定 既に包装紙等の用途で製品化されている。今後はさらに農業用資材用途でも2018年内の実用化を目指す。
共同研究企業 株式会社アースクリエイト(大阪府大阪市)
担当者:西宮祥行
担当者名 群馬産業技術センター 環境・省エネ係 恩田紘樹、研究調整官 鈴木 崇