ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

群馬県オリジナル酵母「美の和酵母」を利用したブルーベリーワインのご紹介


研究開発の概要  平成10年に群馬県内の梅林(高崎市箕郷地区)から採取した野生酵母とワイン酵母を細胞融合させて群馬県オリジナルのワイン用酵母を開発した。平成18年に商標登録を行い、採取地にちなんで「美の和酵母」と名付けた。その後、醸造試験を重ね、平成24年10月、沢田ワイン株式会社において使用され、県内産のブルーベリーを使ったワインが完成した。
製品サンプルの写真 美の和酵母の顕微鏡写真
     美の和酵母の顕微鏡写真

製品化されたブルーベリーワイン
    製品化されたブルーベリーワイン
製品サンプルの特徴  美の和酵母は従来のワイン酵母に比べ、発酵力や香気生成能力が高く、安全醸造や香味のバランスのとれた製品への寄与が期待できる。また地元産のブルーベリーを使い、群馬の酵母を使った「オール群馬ワイン」ということがセールスポイントになる。
産業技術センターの役割 産業技術センターでは、酵母の開発を行い、試験醸造によるデータを蓄積し、ワイン製造を支援した。
課題および今後の予定 180mL、500mLで販売される。写真は180mL。
共同研究企業 沢田ワイン株式会社 (吾妻郡中之条町下沢渡81 代表取締役 唐澤透)
担当者:宮崎幸康
担当者名 群馬産業技術センター バイオ・食品係 関口昭博、高橋仁恵