ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

多目的触媒性能評価装置のご紹介


研究開発の概要  触媒開発にはスクリーニングが必要で、手間と時間を要するのが一般的である。これを解決するため流通反応系と循環反応系を備えており、触媒床は両反応系で共用できる構造になっている。また、触媒サンプルの交換、系内洗浄などを簡単に行うことができるよう工夫されている。
製品サンプルの写真 多目的触媒評価装置
      多目的触媒評価装置          試薬の小容量ガスも利用可能
製品サンプルの特徴  ライフ試験を流通反応系で行いながら、随時モデル反応を循環反応系で行いこれを切り替えながら触媒性能を評価することなどにより、合理的なスクリーニングが可能になる。反応系には高圧ボンベ以外にも試薬の小容量ガスも利用可能であり、多目的な触媒性能が評価・計測できる特徴がある。
産業技術センターの役割 リーク防止、着脱を容易にするためのフィティングの共同研究および、テスト反応を行うことによる評価装置の性能向上試験を行ってきた。
課題および今後の予定 ・テスト反応の数を増やすことで基礎データを採取し、装置の信頼性を向上する。
・バルブ、機器配置の最適化によるより操作性に優れる装置設計。
共同研究企業 株式会社ジー・ピー・イー (さいたま市中央区大戸5-14-1
代表 町田忠男) 担当者:町田忠男、伊藤博通、松浦千尋
担当者名 群馬産業技術センター 環境・省エネ係 鈴木 崇