ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

X線CTを用いた文化財(埴輪)のレプリカ作製のご紹介


研究開発の概要 群馬県立歴史博物館開館30周年記念展(武人ハニワ、群馬へ帰る!)の事業の一環として、文化財の形状を補完した。加工が可能なデジタルデータ化し、デジタルデータによるレプリカ作製を群馬産業技術センターの非破壊試験技術(X線CT)、画像加工技術を用いて行った。
製品サンプルの写真 光造形によるレプリカ
 光造形によるレプリカ
製品サンプルの特徴 非接触三次元デジタイザでは、レーザ光の照射及び反射を受光できない複雑形状や光沢面の計測を行うことは難しい。これらの計測には、X線の透過という特性を生かしたX線CTスキャンが有効である。このCTデータは膨大で、一部データの欠落等も見られた。このデータをCADにより、データ欠陥の補完、圧縮処理を行ったのち、光造形によるレプリカを作製した。
課題および今後の予定 非破壊試験技術(X線CT)により、X線CTスキャン法によって得られたデータを用いて、像の複製を造ることができた。文化財は破壊されると二度と見ることはできず、従来の写真記録はもとより、3次元スキャンも外観の記録のみにとどまり十分な再現性は期待できない。それに対し本研究のX線CTによる手法は内部構造までも明らかに記録できることから、文化財の確かな再現が可能となった。今後この手法が広く木造文化財の保存・研究に応用されることが期待される。
共同研究企業 群馬県立歴史博物館(代表者:黒田日出男、群馬県高崎市綿貫町992-1)
 担当者:杉山秀宏
担当者名 群馬産業技術センター 生産システム係 高橋勇一 
東毛産業技術センター 技術支援係 中村哲也