ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

自動車用低コスト高強度Mg合金プレス成形品の試作開発のご紹介


研究開発の概要  矢島工業株式会社と実施した共同研究において、これまでコストが高いこと、および成形が難しいことが主な理由で普及が進んでいないマグネシウム合金を双ロール連続鋳造法による低コストな板材製造技術とサーボプレスを利用した温間プレス成形技術を活用し、自動車用部品の試作開発を行った。
製品サンプルの写真 自動車用ルーフブレース
  自動車用ルーフブレース
燃料タンクカバー
      燃料タンクカバー
製品サンプルの特徴  自動車用部品や、産業用機械部品は省エネルギを実現するため、軽量化が重要課題となっている。マグネシウム合金は、軽量化効果は高いものの高価であることと結晶構造が稠密六方格子であり成形が難しいことの2つの理由から、利用が進んでいない。利用は比較的安価なダイカスト製品にとどまり、塑性加工用の展伸用マグネシウム合金板材のプレス成形加工品の利用は、ほとんどない。
 本試作開発においては、双ロールキャスティングを利用して初期板厚の薄い板材を製造することによりプレス成形用板材作成のための圧延工程を大幅削減することによってこれまでのマグネシウム合金と比較して低コストな板材を製作すると共に、スライドモーションを自在にコントロールできるサーボプレスを用いることによって、部品の形状に合わせたスライドモーションを用い、自動車用プレス成形品をマグネシウム合金板材にて製造した。
課題および今後の予定 【改良点】
双ロールキャスティングによる板材の成形性向上および更なる低コスト化。
サーボプレスを利用した温間成形技術の高精度化。
【販売計画】
各種展示会等で試作品を展示しており、メーカーからも関心を得ている。
今後さらにPRにつとめ事業化に結びつける予定である。
共同研究企業 矢島工業株式会社(代表者:横山 溥、太田市新野町944)
 担当者:馬場泰一
群馬大学工学部(太田市本町29-1)
 担当者:渡利久規
担当者名 東毛産業技術センター 技術支援係 小谷雄二、鏑木哲志
群馬産業技術センター 機械係 薄波圭司