ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

足拭き乾燥マット「踏めば踏むほど」のご紹介


研究開発の概要  株式会社シムラリネンサプライと共同研究した平成22年度の公募型共同研究事業において、ウレタンフォーム多孔体多層構造を有する「下敷きエコマット」の開発を進めた結果、バスマットが利用者に踏まれる事に着目し、踏まれる回数が多いほど表層のバスマットの乾燥性が向上する、今までにない特徴を持った多層構造の「下敷きエコマット」を開発した。
製品サンプルの写真 足拭き乾燥マット「踏めば踏むほど」
  足拭き乾燥マット「踏めば踏むほど」

下敷きエコマットのハイブリッド機能
  下敷きエコマットのハイブリッド機能
製品サンプルの特徴 既存の一般的なバスマットは、タオル地やアクリル・ポリエステル系の糸を使ったバスマットであるが、数人使用するとべた付き感があり、乾燥性が悪いことから利用者の評価は低い。本下敷きエコマットはハイブリッド機能を有しており、下記の3つの機能が総合的に発揮されることで、表層マットの乾燥性を向上させることに繋げている。
吸水層   :表層マットの水分を吸水し、通気性もあり乾燥性が向上
水分遮断層:保水層から吸水層及び表層マットへの逆戻りを防止
保水層   :吸水した水分を貯留し、立て掛けることで容易に脱水
課題および今後の予定 今後は、フィールドテストにおける実使用での評価が必要であると考える。
フィールドテストの評価にもよるが、平成23年度に量産化する方向で検討を進める予定である。
共同研究企業 株式会社シムラリネンサプライ
(代表者:齋藤和夫、前橋市国領町2-20-13)
担当者名 群馬産業技術センター 機械係 高田 豊、宋 東 烈