ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

グリコヘモグロビン分析装置のご紹介


研究開発の概要  平成19年に厚生労働省より特定健康診査項目にヘモグロビンA1cが新たに追加されました。この数値はおおむね過去1〜2か月間の平均血糖値を反映し、血糖コントロールの指標となります。そのため、心筋梗塞、脳梗塞などの大血管障害や網膜症、腎症などの細小血管障害発症のリスクにつながる高血糖状態の監視や進展を阻止するための検査は、診療上、非常に大きな意味をもっています。
 株式会社サカエでは、自社ブランドの分析装置の回路・構造設計段階において産業技術センターの電磁環境試験設備等を利用して、ノイズ発生箇所・原因を特定しその対策を行い製品化しました。
製品サンプルの写真 分析装置 A1cGEAR
  分析装置 A1cGEAR
製品の仕様
      製品の仕様
製品サンプルの特徴 ・指採血測定による迅速なHbA1c検査
・全血検体検査の実現
・3検体同時セット可能
・他の検査法との良好な相関性
・コンパクト設計で簡単操作
課題および今後の予定 本製品はすでに最終的な試験も終了し商品化がなされています。そして、指先からの採血による患者の負担減や外来診療でも結果がその場で得られるなどの特徴を活かして多くの病院や検査機などで利用されています。
共同研究企業 株式会社サカエ
(代表者:松本弘一、藤岡市鬼石239)
 担当者:森谷正道
担当者名 東毛産業技術センター 電磁・光計測係 川端広一