ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

次世代店舗を実現する無線ICタグ用高度リーダ/ライタの開発のご紹介


研究開発の概要  流通分野では食の安心・安全に関心が高まり、特にトレーサビリティ、消費期限管理等に消費者の関心が向けられています。これらの顧客ニーズを実現する手段として、ICタグを用いたシステムが大いに期待されています。しかし、多くの店舗では食品等を陳列する什器は金属で構成されていますので、商品に取り付けるICタグの向きをそろえる必要がある等の問題があります。そのため店舗でのICタグシステムを実用化するためには、次のような課題を解決する必要があります。
■金属棚に使えない、また商品とアンテナの向きが限定される
■事前に調整された商品しか使えない
■ICタグを読み取る速度が遅い
製品サンプルの写真
金属対応全方位アンテナ リーダ/ライタ
【金属対応全方位アンテナ】  【リーダ/ライタ】
製品サンプルの特徴 <用途>  ICタグを取り付けた個品の在庫数管理、定置管理、消費期限管理等に使用できます。
<特徴>
 ■金属対応全方位読み取り可能
 ・ICタグの向きをそろえる必要がありません
 ・アンテナ設置場所の材質(金属や木やガラス等)を選びません
 ■アンテナ補正機能
 ・アンテナの設置環境やアンテナ上の個品材質に適した状態に補正可能です
 ■高速読み取り
 ・多数のICタグの一括読み込みを高速に行うことが可能です
<対応規格>
  ISO15693
課題および今後の予定 現在、サンデン株式会社にて量産仕様作成中。
共同研究企業 サンデン株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社スマート、株式会社高崎共同計算センター、サンデンシステムエンジニアリング株式会社、国立大学法人群馬大学
担当者名 東毛産業技術センター 電磁計測係 川端広一