ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

カーエアコン操作パネルのご紹介


研究開発の概要  海外向けの自動車は、砂漠地帯など極めて高温の環境下あるいは寒冷地などの極めて低温の環境下において 使用されることがあります。このような過酷な環境下では、自動車の室内温度が大きく変化し、室内で使用さ れる部品にも大きな温度変化を受けます。その結果、室内で使用される部品が大きく変形し、動作不良を引き 起こすことが心配されています。とりわけ、カーエアコンの動作不良は人命に直結する重大な問題を引き起こ すため、車内の温度変化においても変形の少ないカーエアコン部品の開発が求められています。
そこで、(株)柴田合成との共同研究により、車内の温度変化においても変形の少ないカーエアコン部品の 開発を目的に、品質工学の手法を利用してプラスチック成形の金型寸法や温度、射出時間等の成形条件を最適 化した結果、変形の少ない製品試作が完成し、量産を実現することができました。
製品サンプルの写真
研究開発の流れ
イメージ図
製品サンプルの特徴 ●海外仕様の製品
●高温・低温下でも変形が少なく抑えられ、動作不良を起こしにくい。
課題および今後の予定 自動車部品として、既に実用化しました。
共同研究企業 株式会社 柴田合成
担当者名 群馬産業技術センター 小宅 勝、福島祥夫、須田高史