ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 研究の実施 > 研究開発の成果(製品サンプル)

回路一体高回転型ステッピングモータのご紹介


研究開発の概要  日本サーボ(株)は、平成17・18年度の経済産業省の技術開発助成事業(地域新規産業創造技術開発費補 助金)において、「ステッピングモータ駆動を採用したロボット用高精度アクチュエータの開発」を実施し、 当産業技術センターも当該事業に参画する中で、多関節ロボットの動作を2次元及び3次元で簡便に測定する システムを構築しました。
 当産業技術センターで開発した測定システムの測定結果は、アクチュエータの仕様にフィードバックされ、 関節ロボット用アクチュエータの性能評価・位置・速度・振動等の簡便な精密計測が可能となったことで、本 ハイブリッド型ステッピングモータの試作開発に結びつきました。
製品サンプルの写真
回路一体高回転型ステッピングモータ
特性
製品サンプルの特徴 ●特徴
・回路一体化による省スペース化
・進角制御による低振動駆動化
・パラメータの書換え対応化によるユーザ仕様への対応
●用途
・省力機器
・分析器
・現像機
・その他
課題および今後の予定  日本電産サーボ株式会社にて量産仕様の開発を実施しています。
共同研究企業 日本電産サーボ株式会社
(旧:日本サーボ株式会社(H20.10.1社名変更))
担当者名 群馬産業技術センター 細谷 肇