ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

デジタル型粘度計のご紹介

〜 様々な範囲の粘度が測定できます 〜


本装置は、液体中で円筒または円盤を回転させた時に生じる粘性抵抗トルクを測定します。ロータと回転数の組み合わせにより様々な範囲の粘度が測定できます。

機 器 名 デジタル型粘度計
型 式 TVB−10型
メーカー名 東機産業株式会社
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
 液体中で円筒または円盤を回転させた時に生じる粘性抵抗トルクを測定します。ロータと回転数の組み合わせにより様々な範囲の粘度が測定できます。
 サンプル量は、ロータを浸漬した時にロータ軸に示すマークの水準まで液面が来ることが必要です。概ね500〜1000ml程度あれば十分測定可能です。
 ほとんどの食品試料は非ニュートン粘性を示しますが、これら非ニュートン流体の粘度を測定する際に、回転速度を変えて測定できるデジタル型粘度計は便利です。
例:粘度測定(液体試料)
仕 様  デジタル型粘度計は、これまで粘度測定の際に多用されていたB型粘度計の後継機として開発された装置です。測定原理はB型粘度計のシステムを維持しつつ、最新の電子制御技術を採用し、次のような特徴を有しています。
(1)耐久性の向上:トーションワイヤと磁気軸受を採用することにより、従来のB型粘度計のピボット宝石軸受のように経時劣化することなく、優れた性能が長期間に渡り維持されます。
(2)簡単なロータ着脱:ロッド挿入方式を採用。従来のねじ込み方式に比べて、ロータの着脱が極めて短時間に完了できます。
(3)多彩な機能を標準装備:時間オートストップ測定やユーザ固有の使用条件を設定できます。
【仕様】
粘度測定精度:±1.0%以内
粘度再現性:±0.2%以内
粘度測定範囲:粘性トルクの10〜100%
使用温湿度範囲:0〜40℃、〜90%RH
電源入力:AC100V
外形寸法:W105・H290・D250
重量:約6kg(スタンド含む)
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 食品・健康係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
食品等の性状試験(簡易) 1項目 1,080円
機器開放
使用料
1時間 100円
導入年度 2015年度
補助事業名 県単