ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

味覚センサー(味覚認識装置)のご紹介

〜 人間の舌を模した構造のセンサーを有し、各味の強さを数字で客観的に表現できます 〜


味覚センサーは、 人工脂質膜で構成された6種類の味センサー(塩味、旨味、酸味、苦味、渋味、甘味)の膜電位の増減から個々の味成分の強弱を数値化して、味覚の分析をする装置です。自社と他社の味の違い、商品開発の方向性、商品の賞味期限の設定、味に関するクレームへの対応、・・・。食品工業の現場の難問も、味を客観評価できれば解決に大きく近付きます。

機 器 名 味覚センサー(味覚認識装置)
型 式 TS−5000Z
メーカー名 (株)インテリジェントセンサーテクノロジー
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
・自社製品と他社製品の味の差の可視化
・トレンド調査
・商品開発の際の情報の共有化、データの客観化
・味に関するクレームへの対応
・商品の賞味期限の設定 など
仕 様 人工脂質膜で構成された6種類の味センサー(塩味、旨味、酸味、苦味、渋味、甘味)の膜電位の増減から個々の味成分の強弱を数値化する。口に含んだ瞬間に感じる「先味」と、食材を飲み込んだ後にも残る「後味」の両タイプの味覚を、数字で客観的に評価できる。 ・試料形態:液体。固体食材の場合は抽出液を測定。
・必要試料量:液体なら100 mL程度。固体であれば数十〜200 g程度。
・測定味覚項目:
  先味:酸味、苦味、渋味、旨味、塩味、甘味
  後味:苦味、渋味、旨味
 ※辛味には対応しておりません。
・測定可能な点数:基準検体1点と比較検体最大9点。(別途測定したデータの統合も可能)
・表現形式:レーダーチャート、二次元散布図、バブルグラフ、等。
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 食品・健康係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
知事の定める額
機器開放
使用料
 
導入年度 平成28年度
補助事業名 平成28年度地方創生加速化交付金