ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

引張圧縮/ねじり疲労試験機のご紹介

〜引張圧縮荷重及びねじり荷重による、単独疲労試験・複合疲労試験(サイクル試験)・静的試験が可能な装置です〜


本装置は、金属、樹脂、複合材料など様々な試験片に引張・圧縮・ねじりなどの各応力を同時あるいは単独に負荷することにより、疲労強度、静的強度、耐久・信頼性評価が高精度で行える試験機です。より複雑で高精度な制御や測定をすることで、軽量・高強度な各種機能材料の特性評価を行い、加工や表面処理技術の開発を支援するための試験機です。

機 器 名 引張圧縮/ねじり疲労試験機
型 式 EHF-EV100kN/TV1kNm
メーカー名 株式会社島津製作所
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
引張圧縮荷重及びねじり荷重による、単独疲労試験・複合疲労試験(サイクル試験)・静的試験が可能です。 主に金属材料が対象で、数十ニュートンオーダーの制御も可能です。
【入力波形】 サイン波、三角波、ランプ波、台形波、矩形波、任意波形
仕 様 ○動的最大試験力
 軸力 :±100 kN
 トルク:1 kN・m
○静的最大試験力
 軸力 :±150 kN
 トルク:1.5 kN・m

○軸方向ピストンストローク
 両振り±25mm,片振り0〜50mm
○ねじり方向ピストン角度
 両振り±45deg,片振り0〜90°

○動作・固定方法
 上側ヘッド:固定軸(掴むだけ)
 下側ヘッド:駆動軸(掴んで引張・圧縮・ねじり応力を付加)

○試験片
 サイズ:丸棒φ=20mm,35mm,50mm,丸棒長さ最大700mmまで
    板材厚さt=0〜15mm,板幅最大90mmまで
    必要掴み部位長さ:両端70mm程度
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 応用機械係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
導入年度 平成30年度
補助事業名 地方創生拠点整備交付金事業