ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

超高感度熱分析システムのご紹介

〜 物質の温度を変えながら物質の熱に関する性質を温度の関数として測定することができます 〜


本機器は、温度とmgオーダーの質量の関係や、温度と熱量の関係を測定し、物質(金属材料及びプラスチック材料など)の同定や熱的性質を詳細に調べることができる装置です。

機 器 名 超高感度熱分析システム
型 式 STA8000、DSC8000
メーカー名 PerkinElmer社
外観写真 超高感度熱分析システム(全体)
         超高感度熱分析システム(全体)

構成機①(STA8000)
                構成機①(STA8000)

構成機②(DSC8000)
                構成機②(DSC8000)
このような試験が可能です
(用途)
本装置は以下の用途で利用することが可能です。
・金属材料およびプラスチック材料の種別同定
・金属材料およびプラスチック材料の熱的性質の測定(融点、ガラス転移温度、相転移温度、分解開始温度、等)
・金属材料およびプラスチック材料の充填剤の同定、混合比推定
・金属材料およびプラスチック材料の水分率の測定
・無機塩材料の同定
仕 様 ○STA8000
・シングルビーム縦型熱重量・熱量同時測定装置(TG-DTA/DSC)
・測定範囲:15〜1600℃
・最大サンプル量:1500 mg、天秤分解能:0.2 mg
・空気および窒素雰囲気での測定が可能
○DSC8000
・入力補償型ダブルファーネス示差走査熱量測定装置
・測定範囲:-170〜750℃
・空気および窒素雰囲気での測定が可能
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 者 化学材料係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
・熱分析(高感度)
 25℃以上500℃以下のもの 8,070円
 500℃超を含むもの 11,210円
 25℃未満を含むもの 16,350円
機器開放
使用料
現在機器開放は対応しておりません
導入年度 2013年度
補助事業名 平成24年度経済産業省補正予算「地域新産業創出基盤強化事業」(関東地域)