ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

電気抵抗測定装置のご紹介

〜 金属のような導体からプラスチック・ゴムのような絶縁体や半導体など、様々な材料や部品の電気抵抗の測定が可能です 〜


群馬産業技術センターに「電気抵抗測定装置」を導入しました。
製品に使用する部品・材料の評価や新素材の分析などにご利用いただけます。

機 器 名 電気抵抗測定装置
型 式 抵抗計(RM3545、RM3543)
3軸テスラメーター(OECO 8030)
磁気フィールドイメージングシステム(Matesy GmbH CMOS-MagView S Type C、MagEye Type A)
デジタルロックインアンプ(エヌエフ回路設計ブロック LI5650)
恒温恒湿槽(エスペック SH-642)
デジタルエレクトロメータ(8252)
0.1 mmピッチ4探針プローブ(NTTアドバンステクノロジ KNAP-01)
4探針プローバー(ハイソル SR-4-6、Tektronix 2450)
標準抵抗器(アルファ・エレクトロニクス MSR-1N0, MSR-R10)
メーカー名 日置電機株式会社、株式会社東陽テクニカ、株式会社エーディーシー 他
外観写真 電気抵抗測定装置
このような試験が可能です
(用途)
・金属材料の電気抵抗率の測定
・プラスチック・ゴム・セラミックス材料の体積抵抗率・表面抵抗率の測定
・ヒータ、電線、コネクタ、スイッチなどの電気部品の抵抗測定
・絶縁材料の絶縁抵抗の測定
・導電材料の導電率(IACS)の評価
・材料・部品・製品の残留磁束密度の測定
・モータなどに使用されている永久磁石の欠陥検査
・繊維素材や高分子材料の電荷測定
・太陽電池セルなど、半導体薄膜のシート抵抗測定
・IATA航空危険物規則書で要求される磁性物体を含む航空貨物の磁界強度の検査
仕 様 (1)抵抗測定 基本確度 0.006% 最小分解能 0.01μΩ
(2)磁束密度 測定レンジ 30μT〜3T 最小分解能 0.1nT
(3)磁気フィールドイメージング
 ・測定領域 19mm×14mm 空間分解能 25μm (MagView)
 ・測定領域 8mm×8mm 空間分解能 10μm (MagEye)
(4)磁気測定レンジ ±125mT(Type C)、±2mT(Type A)
(5)ロックインアンプ 周波数範囲 1mHz〜250kHz 感度 10nV〜1V、10fA〜1μA
(6)恒温恒室槽 温度制御 -40℃〜180℃ 湿度制御 30%rh〜95%rh
(7)エレクトロメータ 最小分解能 電流 1fA、電荷 1fC
(8)0.1mmピッチ4探針ローブ 空間分解能 0.5mm 最大電流10 mA 針圧 30g
(9)1mmピッチ4探針プローブ
 ・材質 タングテンカーバイド 針圧 180g
 ・材質 Gold Plated BeCu 針圧 85g
(10)標準抵抗器 交直流対応 1mΩ、100mΩ
テストフィクスチャ 12701A
レジスティビティ・チェンバ50φ 12702A
レジスティビティ・チェンバゴム電極 12704A
液体抵抗試料箱 12707
ファラデー・ケージ 8031
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 電子機械係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
導入年度 令和3年度
補助事業名 2021年度 公益財団法人JKA小型自動車等機械振興補助事業
(オートレースの補助)
JKA小型自動車等機械振興補助事業