ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

オゾン環境試験機のご紹介

〜 オゾンによる劣化や紫外線による劣化を屋外暴露試験に代わり短時間で評価します 〜


 オゾン環境試験機は、オゾン試験、キセノンアーク灯試験、サンシャインカーボンアーク灯試験を行うことが可能な複合環境試験装置です。
 航空機などの輸送機、自動車、建築物、衣料品などあらゆる分野で用いられる塗膜、プラスチック、ゴムなどのオゾンによる劣化や紫外線による劣化を屋外暴露試験に代わり短時間で評価します。

機 器 名 オゾン環境試験機
型 式 SX75、SL80、OMS
メーカー名 スガ試験機株式会社
外観写真 オゾン環境試験機外観写真
このような試験が可能です
(用途)
本装置は、航空機などの輸送機、自動車、建築物、衣料品などあらゆる分野で用いられる塗膜、プラスチック、ゴムなどのオゾンによる劣化や紫外線による劣化を屋外暴露試験に代わり短時間で評価します。
 また、一般的な環境より厳しい条件でのオゾン劣化試験や太陽光に類似した波長スペクトルの人工光源促進試験を実施することで、新しい製品の早期開発にも役立つものです。
[関連規格]
促進耐オゾン性試験
 ○オゾン試験:JIS D0205、K6259(1993)
促進耐候(光)性試験
 ○キセノンアーク灯試験:JIS B7754、K6266、K7350-2、JASO M351、
ISO 16474-2、K7350、SAE J2412、J2527
 ○サンシャインカーボンアーク灯試験:
JIS B7753(SW形)、C8917、D0205、K7350-4
仕 様 本装置は、オゾン/キセノン槽、サンシャイン槽、オゾン発生装置、純水装置、オゾン処理装置、排気処理装置等で構成され、オゾン試験、キセノンアーク灯試験、サンシャインカーボンアーク灯試験を行うことが可能です。   
【試験範囲】 
○オゾン試験
 オゾン濃度:20〜2500pphm
 温度:RT+10〜60℃
○キセノンアーク灯試験    
 放射照度:60〜180W/㎡ (300〜400nm)
 ブラックパネル温度:63〜89℃
 ブラックスタンダード温度:65〜100℃
 湿度条件:30〜65%RH(ブラックパネル温度63℃に於いて)
          20〜50%RH(ブラックパネル温度89℃に於いて)
○サンシャインカーボンアーク灯試験
 放射照度:255W/㎡ (300〜700nm)
 ブラックパネル温度:63〜95℃
 湿度条件:30〜70%RH(ブラックパネル温度63℃に於いて)
          50%RH(ブラックパネル温度83℃に於いて)
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 応用機械係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
・耐候性試験(サンシャインカーボンアーク灯試験機によるもの)
 1時間につき2,000円(1時間超えるとき、1時間ごとに1,300円を加える)
・耐候性試験(キセノンアーク灯試験機によるもの)
 1時間につき2,000円(1時間超えるとき、1時間ごとに1,300円を加える)
機器開放
使用料
対応しておりません。
導入年度 平成26年度
整備事業名 経済産業省平成25年度補正予算 地域オープンイノベーション促進事業