ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

超微量紫外可視分光光度計のご紹介

〜最少量の液量で試料中の核酸、タンパク質を定量することができます〜


酵母中の遺伝子やタンパク質を電気泳動させたゲル、ブロッティングされたメンブレンなどをUV励起や蛍光発色などにより、画像化させるための装置であり、ゲル中のタンパク質および遺伝子サンプルの自動定量/分子量解析に用いることができます。

機 器 名 超微量紫外可視分光光度計
型 式 NanoDrop One ND-One W
メーカー名 Thermo Fisher(株)
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
・試料中の核酸やタンパク質含有量の測定
・遺伝子解析実験などの試料調製
・酵素などのカイネティクス解析
仕 様 ■光源
 キセノンフラッシュランプ
■波長範囲
 190〜850 nm
■光路長
 0.03〜1 mm
■サンプル量
 1 μL
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 バイオ・微生物係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
導入年度 平成30年度
補助事業名 地方創生拠点整備交付金事業