ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

雷サージ試験器のご紹介

〜 雷により誤動作しない機器を開発するための試験ができます 〜


雷が直接落ちなくても、近くに落雷した場合、コンセントや電話線などに大きな電圧が発生し、機器等が誤動作、故障することがあります。この誘導雷現象を模擬したノイズを発生させて機器の試験を実施することができます。

機 器 名 EMS測定システム(雷サージ試験器)
型 式 LSS-15AXC1
メーカー名 ノイズ研究所
外観写真 外観写真
このような 試験が可能です
(用途)
雷が直接落ちなくても、近くに落雷した場合、コンセントや電話線などに大きな電圧が発生し、機器等が誤動作、故障することがあります。この誘導雷現象を模擬したノイズを発生させて機器の試験を実施することができます。

【特徴】
・IEC61000-4-5 雷サージ試験に対応して15kVまでの試験(プリチェック)が可能です。
・単相交流および直流電源を利用した機器、4線テレコムラインの機器に対して動作状態での試験が可能のです。
・サージ出力のみのを取り出して試験することも可能です。
仕 様 ・出力電圧/出力電流 :
 15kV MAX/7500A MAX(コンビネーション)
 15kV MAX/375A MAX(40Ω時/テレコムサージ)
・極性 :
 正または負
・出力インピーダンス :
 2Ω(コンビネーション)/40Ω(テレコムサージ)
・放電間隔 :
 20s MIN(コンビネーション)/30s MIN(テレコムサージ)
・電力容量 :
 単相AC240V/30A DC60V 20A
主な機能 サージ出力は任意のとき、または電源周波数に同期させて位相で指定することも可能です。
サージ出力

試験条件の変更をプログラムで設定し、連続して試験を行うことが可能です。
試験条件の変更
利用例 落雷の放電で瞬間的に大きな電流が流れて磁界が発生し、さらに電磁誘導により数kVの電圧が電線に発生することがあります。
電磁誘導

サージ対策用としてバリスタ素子が良く用いられますが、高電圧や繰り返し使用で破壊を起こすこともあります。
バリスタ素子破壊
設置場所 東毛産業技術センター(太田)
担 当 係 電磁技術係
連 絡 先 TEL:0276−40−5090
依頼試験
手数料
3,490円/時間
【注意】
試験は、立会いのみとなります。
試験内容と日程は、事前に電話連絡により確認が必要です。
機器開放
使用料
【部屋】870円/時間
【機器】350円/時間
購入年度 1999年度
補助事業名 その他