ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

高周波誘導結合プラズマ発光分光分析装置のご紹介

〜 無機元素の定性・定量分析を行う装置です 〜


 半導体検出器を用いた多元素同時分析が可能で、機能性食品開発において必要なミネラル成分の定量分析、また栄養成分表示のための無機元素成分の迅速な定量分析を行う装置です。

機 器 名 高周波誘導結合プラズマ発光分光分析装置
型 式 Optima 8300 ICP-OES
メーカー名 株式会社パーキンエルマージャパン
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
高周波誘導結合プラズマ下に液体試料を導入することで試料より発せられる発光スペクトルの波長を測定し、無機元素の定性・定量分析を行う装置です。 半導体検出器を用いた多元素同時分析が可能で、機能性食品開発において必要なミネラル成分の定量分析、また栄養成分表示のための無機元素成分の迅速な定量分析を行う装置です。
仕 様 CCD半導体検出器による多元素同時分析装置
・イオン化部: 周波数 40.68MHz
高周波出力 750-1500W
高周波電源 半導体ジェネレーター
磁界発生方法 フラットプレートプラズマテクノロジー
・光学系: 光学系デザイン エシェル・シュミットクロス光学系
プラズマ観測方向 デュアルビュー両軸測光方式
光学的分解能 <0.006nm (200nm付近)
測定波長範囲 163-782nm
・検出部: 半導体検出器 紫外および可視波長用独立検出器
全ライブラリー波長同時測定
・試料導入部: トーチデザイン 分解型ストレートトーチ
スプレーチャンバー サイクロン型スプレーチャンバー
オートサンプラーによる自動分析
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 食品・健康係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
高周波誘導結合プラズマ発光分析 前処理不要測定 4,320円/件
高周波誘導結合プラズマ発光分析 前処理要測定 5,750円/件
高周波誘導結合プラズマ発光分析 難分解性処理 8,640円/件
機器開放
使用料
2,460円/時間
導入年度 平成28年度
補助事業名 平成28年度地方創生加速化交付金