ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

遠方界電磁波評価システムのご紹介

〜 放射ノイズ測定とシールド材の遮蔽率測定ができます 〜


本システムは、スペクトルアナライザやネットワークアナライザを利用した高周波計測が可能です。

機 器 名 遠方界電磁波評価システム
型 式 ESCI,E4446A,N5230A
メーカー名 ROHDE&SCHWARZ,Agilent Technologies
外観写真 外観写真
このような 試験が可能です
(用途)
【EMI測定】
EMIテストレシーバおよびスペクトラムアナライザの組合せにより,9kHz〜40GHz帯域において放射ノイズ測定(EMI測定)が可能です(アンテナ,LISN等の一部既存機器を利用)。
アンテナの移動高さが2.5m、床面が電波吸収体である点が異なりますが、3m法電波暗室と同様に機器からの放射ノイズ、および雑音端子電圧の測定や対策が可能です。

【シールド材評価】
アンテナから離れた場所(遠方界)でのシールド材の電磁遮蔽率の測定が可能です。
3m法電波暗室と小型電波暗室間の貫通窓に設定されたシールド材の電磁遮蔽率 (80dB程度)を測定します。試料は30cm〜60cmの矩形で500MHz〜13.5GHzで測定可能です。
仕 様 ・EMIテストレシーバ
 ESCI 9kHz〜3GHz PK,AV,QP検波可能
・スペクトラムアナライザ
 E4446A 3Hz〜44GHz PK,AV,QP検波可能(プリセレクタ無し)
・アンテナ
 バイログアンテナ CBL6143 30MHz〜3GHz
・プリアンプ
 310およびALS007090 9kHz〜8GHz
・ネットワークアナライザ
 N5230A 300kHz〜13.5GHz
主な機能 【EMI測定】
放射ノイズ測定
機器から空中に放射される
ノイズを測定
電源ラインノイズ測定
機器の電源ラインに出る
ノイズを測定
【シールド材評価】
電波の透過
電波の透過
貫通窓
貫通窓
利用例 機器のノイズ測定の結果は、グラフ出力され規格を満足しているか確認できます。

【EMI測定】放射エミッション測定の制御ソフト画面
制御ソフト画面

【シールド材評価】60cmの矩形窓の透過波形
矩形窓
設置場所 東毛産業技術センター(太田)
担 当 係 電磁技術係
連 絡 先 TEL:0276−40−5090
依頼試験
手数料
【EMI】 6,940円/時間
【遠方】12,500円/時間
【注意】
試験は、立会いのみとなります。
試験内容と日程は、事前に電話連絡により確認が必要
機器開放
使用料
【EMI】 【部屋】2,980円/時間
     【機器】1,690円/時間
【遠方】 なし
購入年度 2006年度
補助事業名 日本自転車振興会補助事業