ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

電源環境シミュレーターのご紹介

〜 6 kVAまでの単相又は三相のさまざまな電源環境をシミュレートすることが可能です 〜


本装置は、各種電源環境試験、車載電装品やモータ、ソレノイド、大容量コンデンサの試験、電源/電池試験用の電子負荷(バイポーラ電源)、電気製品の開発評価等に利用可能です。

機 器 名 電源環境シミュレーター
型 式 ES6000W他
メーカー名 株式会社 エヌエフ回路設計ブロック
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
(1)三相単相6kVAシステム
6 kVAまでの単相又は三相のさまざまな電源環境をシミュレートすることが可能です。
(2)バイポーラ電源
広帯域で4象限出力可能なバイポーラ電源で、逆起電力が生じるデバイスや起電力を帯びた機器等の試験が可能です。
(3)プログラマブル交流電源
シーケンス機能や計測機能を搭載したデスクトップタイプの交直流電源です。
特 徴 (1)シミュレーション機能、外部アナログ信号による高調波の重畳
(2)正負の電圧、ソース(供給)・シンク(吸収)が可能な4象限出力、信号限内蔵
(3)交流(AC)/直流(AC+DC)の2つの動作モードと、内部(INT)/外部(EXT)/内部+外部(ADD)/外部同期(SYNC)の4つの信号限モードの組み合わせ8つの出力モードを設定可能
仕 様 (1)三相単相6 kVAシステム
交流出力0 V〜300 V、周波数5 Hz〜1 100 Hz
直流出力0 V〜400 V
最大出力電流 60 A/30 A(単相100V/200V)、20 A/10 A(三相100V/200V)
(2)バイポーラ電源
出力電圧範囲 -115 V〜+115 Vの範囲内で任意の120 Vp-p
周波数特性DC〜150 kHz
最大出力電流±10 A(DC)、30 Ap-p
立ち上り/立ち下がり時間2.5μs(CVモード、方形波±60 V)
(3)プログラマブル交流電源
交流出力0 V〜135 V/0 V〜270 V(100 V/200 V入力時)、周波数1 Hz〜550 Hz
直流出力-190 V〜190 V/-380 V〜380 V(100 V/200 V入力時)
最大出力電流 10 A(100 Vレンジ)、5 A(200 Vレンジ)
主な機能 (1)ハイスタビリティモード、プレシジョンモード、AGC機能、リモートセンシング、オートキャル機能、計測機能
(2)レスポンスキャリブレーション機能、電圧電流リミッタ機能、計測機能
(3)出力ON時の電圧位相(投入位相)設定、PCによる各種制御、計測機能
利用例 ・各種電源環境試験
・車載電装品やモータ、ソレノイド、大容量コンデンサの試験
・電源/電池試験用の電子負荷(バイポーラ電源)
・電気製品の開発評価
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 電子機械係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
1,280円/件
機器開放
使用料
現在、機器開放には対応しておりません
導入年度 2009年度
補助事業名 電源地域産業集積活性化対策費補助事業