ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

多検体ガス吸着量測定装置のご紹介

〜製品の比表面積や細孔分布、表面親水性評価をすることができます 〜


 活性炭、ゼオライトといった高比表面積材料の比表面積、細孔分布測定の他、ガラスや金属板などの低比表面積を測定できます。

機 器 名 多検体ガス吸着量測定装置
型 式 Autosorb-iQ2-XR-VP
メーカー名 カンタクローム
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
・活性炭、ゼオライト、マイクロファイバーの比表面積、細孔分布測定
・がラスビーズ、金属板の比表面積測定
・シリカゲルの表面親水性評価
仕 様 ■吸着ガス種
 N2、Kr、H2O
■比表面積測定範囲
 〜0.01m2/g(N2ガス吸着)、〜0.0005m2/g(Krガス吸着)
■細孔測定範囲
 0.35〜500nm
■解析法
 比表面積:BET法
 細孔分布:BJH法、HK法、NLDFT法、QSDFT法およびGCMC法
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 環境・エネルギー係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
依頼試験
手数料
比表面積測定(窒素ガス吸着) 1件につき 28,800円
比表面積測定(クリプトンガス吸着) 1件につき 39,100円
細孔分布測定 1時間につき 3,700円
機器開放
使用料
導入年度 平成30年度
補助事業名 平成30年度 地方創生拠点整備交付金事業