ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

音響解析システム(多用途対応)のご紹介

〜音の大きさや周波数特性を測定することができます〜


本装置は、空間、環境及び物質の音響特性の測定を行うためのものです。具体的には音圧、音響パワー、吸音率、透過損失、残響時間などの測定を行うことができます。

機 器 名 音響解析システム(多用途対応)
型 式 3660-C,4955,PULSE解析システムほか
メーカー名 HBK社
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
・騒音(音圧レベル、周波数スペクトル)測定
・音響パワーレベル測定
・垂直入射吸音率測定
・垂直入射投下損失測定
・残響時間測定
・音響インテンシティ測定
仕 様 ・ローノイズマイクロホン 10本 帯域:5Hz〜20kHz、 ダイナミックレンジ: 6.5〜110dB
・標準マイクロホン 10本 帯域: 3.15Hz〜20kHz、 ダイナミックレンジ: 15〜148dB
・広帯域マイクロホン 1本 帯域: 4Hz〜100kHz、 ダイナミックレンジ: 35〜164dB
・リアルタイム同時分析:FFT、1/nオクターブ、オーバーオールレベル分析
・各種分析ソフト:音響パワー、垂直入射吸音率、垂直入射透過損失、残響時間
・垂直入射吸音率測定用マイクロホンインピーダンス測定装置
 低周波用チューブ:50Hz〜1.6kHz φ100mm
 高周波用チューブ:500Hz〜6.4kHz φ29mm
設置場所 東毛産業技術センター(太田)
担 当 係 光計測係
連 絡 先 TEL:0276−40−5090
導入年度 平成30年度
補助事業名 地方創生拠点整備交付金事業