ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 産業技術センターのご案内

X線残留応力測定装置のご紹介

〜X線を用いた金属材料の残留応力測定及び熱処理鋼の残留オーステナイト測定が広域から微小域まで可能な装置です〜


本装置は、X線を用いた鉄鋼など各種金属材料の残留応力測定及び熱処理鋼の残留オーステナイト測定が広域から微小域まで可能な装置です。また高出力X線源を有し、従来のシンチレーションカウンタ(SC)と異なる高速高感度の一次元半導体検出器も有しているため、迅速かつ高精度に定点測定及びマッピング測定ができることが大きな特徴です。

機 器 名 X線残留応力測定装置
型 式 AutoMATEII
メーカー名 株式会社リガク
外観写真 外観写真
このような試験が可能です
(用途)
・各種金属材料の残留応力測定、残留応力マッピング測定
・熱処理鋼の残留オーステナイト測定
仕 様 ○測定法:ψ0一定法, ψ一定法による定点残留応力測定,残留オーステナイト 測定及び各マッピング測定
○X線管球:Cr,Co
○最大X線出力:40kV-40mA
○2θ測定角度範囲:98〜168°
○測定方法:sin2ψ法による並傾法、側傾法
○入射コリメータ:直径 150 μm,300 μm,500 μm,1 mm,2 mm,4 mm
○2θ軸及びψ軸の最小ステップ幅:0.002°
○検出器:一次元半導体検出器D/teX Ultra1000
○試料ステージ:標準丸テーブル(直径150 mm)の場合
 試料サイズ長手250 mm×幅250 mm×高さ39.8 mmまで,
 それ以上のサイズは精密ラボジャッキによる(要相談),耐荷重20 kgまで
○測定対象:鉄鋼,ステンレス鋼,銅,アルミ,その他金属材料
○オプション:試料観察用CCD付きズーム顕微鏡,Heパス(X線の大気減衰を
 低減できるガス導入機構),レーザーマーカー(X線照射位置が目視可能)
設置場所 群馬産業技術センター(前橋)
担 当 係 応用機械係
連 絡 先 TEL:027−290−3030
導入年度 平成30年度
補助事業名 地方創生拠点整備交付金事業