ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

トップページ > 情報提供 > メールマガジン(まる得通信)

------------------------------------------------------------------------
■■■■
■    産業技術センター まる得通信
■ ■■                 第232号 2014. 6.10(火)発行
■  ■  群馬県立産業技術センター
■■■■               Gunma Industrial Technology Center
------------------------------------------------------------------------
 
 群馬産業技術センターでは、6/16・23・30(月)に「ものづくり基礎講座」、
6/12(木)に「分析技術講演会」を開催しますので、ご希望の方はお早めにお申
し込みください!
 その他、新規補助事業、各種研修やセミナーのご案内もありますので、詳細は
今月号の記事をご覧ください。


▽▽ 今号の目次 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
  
●知っ得情報●
    1.『開発研究の成果(製品サンプル)のご紹介』
      …今回は麹由来の酵素力や原料しょうゆの風味を維持した
       『しょうゆ麹』です。

    2.『設備機器(最新導入機器)のご紹介−スコープレコーダ』
      …今回は、高速・高絶縁・高分解能で多チャンネルの電圧・電流・
       加速度などを同時に測定できる「スコープレコーダ」です。
  
●耳より情報●
 ◆【講演会】
 New) 3.『グローバル展開講演会「世界に開かれた持続可能な観光地を
      目指して」』
      …6/19に外国人観光客を呼び込むための観光地づくりについて講演
        会を開催します。
    
    4.『次世代自動車技術動向分析事業 カーエレクトロニクス技術の
      動向』
       …6/18に元大手完成車メーカーのエンジニアに最新技術・将来性等
       を講演いただきます。(6/16〆切)

    5.『分析技術講演会「先進赤外・ラマン分析法による微小部・微量成分
      分析とイメージング解析」』
       …6/12に先進赤外・ラマン分光分析分野の専門家を招いた講演会を
       開催します。(6/11〆切)

    
 ◆【研修・セミナー】

 New) 6.『平成26年度スキルアップ研修−地域産学官連携ものづくり研究機構』
      …今年度実施する人材育成研修のご案内です。

 New) 7.『スキルアップセミナー(8月)−県立産業技術専門校』
      …各種技術習得セミナーのご案内です。

   8.『一般研修「食品衛生管理技術研修・初級コース」』(6/12〆切)
      …6/24・26に未経験者及び初心者を対象とした研修を行います。

    9.『各種職業能力開発研修(6月・7月)−県職業能力開発協会』
      …各種人材育成プログラムのご案内です。

   10.『アナログナレッジ人材育成講座』
      …基盤的なアナログナレッジの修得講座を行います。

   11.『アナログ人材育成のための研究会』
      …基盤的なアナログナレッジ研究会を行います。

   12.『ものづくり基礎講座』
      …6/16、23、30にものづくりの基礎を習得するための基礎講座を
       開催します。(各講座開催日の4日前〆切)

 ◆【補助金・助成金】
 New)13.『F/S(事業化可能性調査)支援事業の公募開始』
       …海外経験豊富な専門家による支援及び必要経費の補助する事業の
       公募が始まりました。(7/31〆切)
   
   14.『平成26年度 医工連携推進補助金』
      …医工連携推進補助金の募集を6/11から開始します。(7/11〆切)
     
   15.『「平成26年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」
      間もなく公募締切です』
      …中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携し
              て行う製品化につながる可能性の高い研究開発及びその成果の販
              路開拓への取組を支援します。(今週6/12〆切)
          
 ◆【募集】 
 New)16.『群馬県次世代産業振興戦略会議「東洋大学板倉キャンパス見学会」』
      …7/10に食品関連研究の拠点化を進めている東洋大学板倉キャン
       パスの研究分野や産学連携事例紹介、研究施設・設備の見学会を
       開催します。(6/20〆切)

 New)17.『平成26年度「製品安全対策優良企業表彰」企業募集及び説明会』
      …製品安全に対する積極的な取組を促進し、価値を定着させること
       を目的とした制度で、応募企業の募集を開始します。(7/22〆切)
       応募についての説明会も全国5会場で開催します。  
      
◆【その他】
    18.『専門相談員による海外輸出製品に関する技術相談を実施中』
       …製品を海外に輸出する時に困った事はありませんか?専門家の方
       による相談を無料で実施しています。

   19.『海外規格解説テキストのご案内』
      …産業技術センターが参加している広域首都圏輸出製品技術支援セ
       ンターでは、海外規格の入門用テキストを作成しました。4月よ
       り頒布を行っています。

▽▽ 今号の記事 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

●知っ得情報●
====================================
 1.開発研究の成果(製品サンプル)のご紹介
====================================
 産業技術センターでは、研究開発や企業等との共同研究において「目に見える
成果」を目標に掲げ業務に取り組んでいます。試作化・製品化に結びついた事例
を紹介します。

『しょうゆ麹』
 (平成24年度商品化)
  本開発品は、従来品と比較して麹由来の酵素力や原料しょうゆの風味を維持し
 たまま販売可能な製品です。低温流通による安全性や品質の維持も確認していま
す。
  現在、共同研究企業による自社販売等を通じて市場販売しています。
◆センター担当者:バイオ・食品係 高橋、関口
◆共同研究企業:株式会社有田屋
 詳しくは↓
【URL】 http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/research/sample/h24/soysauce.html

====================================
  2.設備機器(最新導入機器)のご紹介−スコープレコーダ
====================================
 皆様にご利用いただきたい設備機器について、紹介します!
『スコープレコーダ』(平成25年度導入)
 本試験機では、高速・高絶縁・高分解能で多チャネルの電圧・電流・加速度な
どを同時計測できる装置です。
 次世代自動車やロボットなど、耐ノイズ性能が重要視されるメカトロニクス
分野の開発現場で、物理信号を長時間観測することができます。

◆用  途:・モータなどの高速インバータ信号の波形観測
      ・耐ノイズ性が求められるメカトロニクス分野の開発支援
      ・次世代自動車やロボットなどの各種実験
      ・長時間の耐久試験における突発現象(チャタリングなど)の観測
◆主な仕様:■本体 最大入力チャネル数 336ch(1スロット最大120ch)
          最大同時表示波形 64波形×4画面切り替え
          最大レコード長 1Gポイント
      ■主な機能 
       ・デュアルキャプチャ機能(2つの異なるサンプルレートで同一
        波形のデータ取込み)
       ・リアルタイム演算機能(任意の空きチャネルへのアサイン、
        トリガ回路入力可能)
      ■プラグインモジュール 
       ・100 MS/s 12bit絶縁モジュール×2(4ch)
       ・10 MS/s 12bit絶縁モジュール×4(8ch)
       ・ユニバーサル(電圧/温度)モジュール(2ch)
       ・16CH温度/電圧入力モジュール(16ch)

◆機器整備:本装置は、平成25年度経済産業省「電源地域産業関連施設等整備費
      補助事業」により機器整備を行ったものです。
◆問合せ先:群馬産業技術センター 計測係
           TEL:027-290-3030   FAX:027-290-3040

 詳しくは↓ 
 【URL】 http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/intro/business/dl850v.html

●耳より情報●

◇◆◇【講演会】◇◆◇◆◇
====================================
New)3.グローバル展開講演会「世界に開かれた持続可能な観光地を目指して」
    のご案内
====================================
 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローより、竹本昌人さんを講師にお迎
えし、外国人観光客を呼び込むための観光地づくりについてお話を伺います。
 竹本さんは、世界遺産である「熊野古道」を軸とした着地型観光の推進、サン
ティアゴ・デ・コンポステーラ市観光局(スペイン)との共同プロモーション
等、先進的なインバウンドに取り組んでいます。
 皆様お誘い合わせの上奮ってご参加ください。

◆日 時:平成26年6月19日(木)15:00〜17:00
◆場 所:群馬県庁2階 ビジターセンター(前橋市大手町)
◆講 師:田辺市熊野ツーリズムビューロー事務局長 竹本昌人 氏
◆内 容:「世界に開かれた持続可能な観光地を目指して」
     〜外国人観光客を呼び込むための観光地づくり〜
      ・観光戦略の基本スタンス
      ・インバウンドの取り組み
      ・着地型観光とワンストップサービス
      ・広域連携の必要性 他
◆定 員:80名(先着順)
◆参加費:無料
◆申込方法:E-mail、FAXまたはTELで「グローバル展開講演会」として、
     「氏名、所属(勤務先等)、電話番号」を群馬県庁国際戦略課へ
     ご連絡ください。
◆申込・問合せ先:群馬県庁 国際戦略課 グローバル展開講演会 担当
         TEL:027-226-3394 FAX:027-223-4371
         E-mail:senryakuka@pref.gunma.lg.jp

 詳細・申込用紙は↓
【URL】 http://www.pref.gunma.jp/04/c3600291.html

====================================
 4.【群馬県次世代産業振興戦略会議】「次世代自動車技術動向分析事業
    カーエレクトロニクス技術の動向」参加者募集
====================================
 群馬県では、今後成長が期待されているカーエレクトロニクス分野について、
元大手完成車メーカーのエンジニアに最新技術・将来性等を講演いただきます。
 さらに、技術コンサルタントから電子制御ディバイスの実装技術について講演
いただき、カーエレクトロニクス技術に関する情報を提供いたします。

◆日 時:平成26年6月18日(水) 13:00〜16:00
◆会 場:群馬産業技術センター 多目的ホール(前橋市亀里町884-1)
◆対 象:県内に本社、事業所を有する企業の方
◆定 員:先着100名(定員になり次第、締め切ります。)
◆参加費:無料
◆プログラム
(1)「カーエレクトロニクスによる自動車の進化」
   【講師】(一社)日本自動車部品工業協会 技術担当顧問 今井英二 氏
     (元日産自動車(株)常務執行取締役)
(2)「自動車の高信頼化のためのアナログ・パワー半導体向け
   実装ソリューション」
   【講師】実装技術コンサルタント 清水一男 氏
     (元ルネサステクノロジ実装テスト技術本部グループマネージャ)
 ※プログラムの内容・講師等は予告なく変更される場合があります。
◆申込方法:県HPより参加申込書をダウンロードし、提出してください。
◆申込締切:平成26年6月16日(月)
◆問合せ先:群馬県産業経済部工業振興課次世代産業振興係
       TEL:027-226-3354 FAX:027-221-3191
 詳細・申込みは↓
【URL】 http://www.pref.gunma.jp/06/g1600543.html

====================================
 5.分析技術講演会「先進赤外・ラマン分析法による微小部・微量成分分析と
   イメージング解析」のご案内
====================================
 赤外・ラマン分析法は、顕微分析法の発達によって、微小部・微量成分分析に
おける重要な手法となりました。最近では、先進技術によりさらなる発展を遂げ
ています。本講演会では、先進赤外・ラマン分光分析分野における著名な講師の
方々をお招きし、長年の経験に基づいた実例等をご紹介いただきます。
◆日  時:平成26年6月12日(木) 13:30〜16:30
◆会  場:群馬産業技術センター 第1研修室
◆内  容:
  13:35〜14:25「ラマン分析法の発展と最近の話題」
  【講師】株式会社 エス・ティ・ジャパン 落合周吉 氏
  【概要】化学反応などのモニタリング、DSC-ラマンなどのハイフネーテッド
      分野、さらにラマンイメージング装置とその応用について。
  14:35〜15:25「顕微赤外分析法による微小部イメージング解析 
         − 最新の技術動向を交えて」
  【講師】ブルカー・オプティクス 株式会社 嶋田 茂 氏
  【概要】二次元アレイ検出型システムの原理と応用を中心に、AFM-IRなどの
      最新の技術動向を交えて解説する。
  15:35〜16:25「顕微赤外分析法による樹脂材料の微小部・界面分析」
  【講師】高分子学会フェロー、前・群馬大学客員教授、元・出光興産(株)
      西岡利勝 氏            
  【概要】顕微赤外分光法の基礎的研究と応用的研究について講演する。
◆定  員:80名程度
◆費  用:無料
◆申込方法:参加者氏名(複数可)、会社名、ご連絡先(TEL、FAXまたはメール
      アドレス)を明記の上、下記連絡先宛に、FAXまたはEmailで御連絡
      下さい。
◆申込締切:平成26年6月11日(水)
◆問合せ先:群馬産業技術センター 材料技術係 石田
       TEL:027-290-3030 FAX:027-290-3040
       Email:ishida-k@pref.gunma.lg.jp
 講演会の詳細は↓
【URL】 http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/seminar/kosyu/140612analysis.html 


◇◆◇【研修・セミナー】◇◆◇◆◇

====================================
 New)6.「平成26度スキルアップ研修」−地域産学官連携ものづくり研究機構
====================================
  一般財団法人地域産学官連携ものづくり研究機構(以下ものづくり研究機構)
では、設立の目的でもある独創性に富んだ人財育成研修を開催いたします。
 本研修への参加者を募集しますので、ものづくり研究機構ホームページに掲載
している各研修要領を確認の上、お申し込みください。

◆期 間:平成26年7月〜平成28年3月
◆会 場:太田会場及び高崎会場
◆内 容:太田会場15講座、高崎会場15講座
     (詳しくはHPでご確認ください)
◆参加費:各講座のパンフレットをご確認ください。
◆主 催:(一財)地域産学官連携ものづくり研究機構
◆申込・問合せ先:(一財)地域産学官連携ものづくり研究機構事務局
          TEL:0276-50-2100 FAX:0276-50-2110
          E-mail:monodzukuri@mro.or.jp
 詳細・応募用紙は↓
【URL】 http://mro.or.jp/publics/index/35/

====================================
 New)7.スキルアップセミナー(8月)−県立産業技術専門校
====================================
 前橋・高崎・太田の県立産業技術専門校では、職業に必要な技能や知識を習得
したい方のため、「スキルアップセミナー」を実施しています。
 8月に開催予定の主なコースのご案内です。以降にも様々なコースがあります
のでホームページをご覧ください。
 また、企業様の個別の要望に応じ、実施時期や訓練内容などオリジナルの訓練
コースを設定する「オーダー型コース」もございます。希望する各校へお気軽に
お問合わせ下さい。 

【県立前橋産業技術専門校】
◆「3D-CAD入門」
 日時:8月4日(月),5日(火)      2日間(9:00〜16:30)
 定員:10名  受講料:9,600円  募集締切:7月14日(月)

 ※応募は実施校にて先着順で受け付けております。
◆問合せ先:群馬県立前橋産業技術専門校 TEL:027-230-2211
      群馬県立高崎産業技術専門校 TEL:027-320-2221
      群馬県立太田産業技術専門校 TEL:0276-31-1776 
 詳細・申込書は各校へ↓
【URL】 前橋校 http://www.maetech.ac.jp/ 
    高崎校 http://www.takatech.ac.jp/
    太田校  http://www.otatech.ac.jp/

====================================
 8.一般研修「食品衛生管理技術研修・初級コース」を開催します
====================================
 食品衛生に関する技術や知識を習得していただくために「食品衛生管理技術研
修課程」を開催します。
 今回は未経験者および初心者の方を対象に、座学や実習により衛生管理技術の
基礎を学んでいただきます。

◆日 時:平成26年6月24日(火) 10時〜16時
         6月26日(木) 10時〜15時30分
    ※2日間受講できる方を募集します。 
◆会 場:群馬産業技術センター(前橋市亀里町884-1)
◆受講料:5,140円(1日2,570円×2日分)
◆内 容:・食中毒の発生状況と予防について(座学)
     ・食品衛生管理の基礎(座学)
     ・微生物検査の基礎(実習)
     ・総合討論 など
◆定 員:15名(先着順)
◆申込締切:平成26年6月12日(木)※定員になり次第締切
◆問合わせ先:群馬産業技術センター バイオ・食品係 河合、関口
        TEL:027-290-3030 FAX:027-290-3040
 詳細・申込みは↓
【URL】 http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/seminar/kosyu/140624eisei.html

====================================
 9.各種職業能力開発研修(6月・7月)−群馬県職業能力開発協会
====================================
 群馬県職業能力開発協会では、各種人材育成プログラムを実施しています。
 6月〜7月開催予定の主なコースのご案内です。7月以降にも様々なコースが
ありますのでホームページをご覧ください。
 また、ご要望に応じた「オーダーメイド型研修」も随時受付ます。
 職員の能力開発や人材育成に、是非ご活用ください。 

◆「管理者指導力強化研修」
 本気で社長を支え、勝ち抜く経営を実践する本物の管理者を目指す!
  日 時:6月17日(火) 9:30〜16:30
  場 所:群馬県職業能力開発協会(検定場)
  講 師:日経ビジネス学院 学院長 内山 初男 氏
  受講料:会員 10,800円(会員外 16,200円)
  定 員:50名
  申込締切:6月10日(火)
◆「工場の省エネ推進者・育成セミナー」
 省エネルギー推進者として基礎となる省エネの知識を学ぶことができます!
  日 時:6月18日(水)9:30〜16:30
  場 所:群馬県職業能力開発協会(2階研修室)
  講 師:株式会社ミツバ環境分析リサーチ 石川 智治 氏
  受講料:会員 10,800円(会員外 16,200円)
  定 員:20名
  申込締切:6月11日(水)
◆「問題解決〜実行力向上研修」
 急激に変化し続ける「答えのない時代」新たな発想で問題を解決しましょう!
  日 時:6月24日(火)・25日(水)9:30〜16:30
  場 所:群馬県職業能力開発協会(2階研修室)
  講 師:株式会社家族会議 取締役副社長 加寿 明 氏
  受講料:会員 16,200円(会員外 21,600円)
  定 員:20名
  申込締切:6月17日(火)
◆「中堅女性社員のキャリア開発研修」
 組織の中で活躍している女性社員が、働くうえで大切にしたいことをしっかり
と持つ!
  日 時:7月7日(月)9:30〜16:30
  場 所:群馬県職業能力開発協会(2階研修室)
  講 師:栄信経営労務サポートセンター 代表 高橋 信夫 氏
  受講料:会員 10,800円(会員外 16,200円)
  定 員:24名
  申込締切:6月30日(月)
◆「金の人財仕事力強化研修」
 金の人財は、結果がすべてと考える。ワンランク上の社員に変身する!
  日 時:7月8日(火)9:30〜16:30
  場 所:群馬県職業能力開発協会(2階研修室)
  講 師:日経ビジネス学院 学院長  内山 初男 氏
  受講料:会員 10,800円(会員外 16,200円)
  定 員:50名
  申込締切:7月1日(火)
◆「誰もが知っておきたいマーケティングの基本研修」
 売り込まなくても売れるようになるための、仕組みづくり!
  日 時:7月11日(金)9:30〜16:30
  場 所:群馬県職業能力開発協会(2階研修室)
  講 師:岩田雅明オフィス 代表 岩田 雅明 氏
  受講料:会員 10,800円(会員外 16,200円)
  定 員:20名
  申込締切:7月4日(金)
◆「商談・交渉・営業力強化研修」
 相手の心理をつかみ面談を有利に運ぶ営業を学べます!
  日 時:7月18(金)9:30〜16:30
  場 所:職業支援センターいせさき(伊勢崎市宮子町1211番地1)
  講 師:日経ビジネス学院 学院長  内山 初男 氏
  受講料:会員 10,800円(会員外 16,200円)
  定 員:50名
  申込締切:7月11日(金)

◆問い合せ先:群馬県職業能力開発協会
       TEL:0270-23-7761 FAX:0270-21-0568
 詳細・申込書は↓
【URL】 http://www2.gunmanet.ne.jp/g-vada/kousyuu.html#02 

====================================
 10.アナログナレッジ人材育成講座 受講者募集
====================================
 業種によらず求められる基盤的なアナログナレッジの修得ができる
「座学講座(1日)」と「実習講座(2日または4日)」の受講生を
募集します。(詳細は、下記のURLを参照ください)

◆日  時:7月3日(木)〜8月22日(金)の間の1〜4日間
◆場  所:群馬県産業技術センター、または群馬大学桐生キャンパス
◆受講資格:受講に当たっては上司の推薦を必要とします。
      4日実習の受講には条件がありますので、HPでご確認ください。
◆募集講座
  ・アナログ信号処理と雑音対策(7/3(木)定員50名)
  ・負帰還技術の徹底活用(7/4(金)定員50名)
  ・基本アナログ技術設計評価
   (実習:7/10(木)・11(金)・17(木)・18(金)定員15名)
  ・LTspiceの操作方法と活用法(実習:7/24(木)・25(金)定員30名)
  ・リニアとSW電源回路理論と実践(7/31(木)定員50名)
  ・SW電源回路の負帰還設計と評価
   (実習:8/7(木)・8(金)・21(木)・22(金)定員15名)
  ※定員までに若干の余裕があります。
◆講  師:群馬大学 客員教授 遠坂俊昭 他
◆受 講 料:座学:6,200円(1日)、実習:7,200円(2日)、 9,200円(4日)
◆申込締切:実施日の3週間前(ただし、定員になり次第締切)
◆問合せ先:群馬大学 アナログナレッジ人材育成拠点事務局
                亀井・石川・菊澤
         TEL:0277-30-1656 or 1182 FAX:0277-30-1192
 申込・詳細は↓
【URL】 http://cs3.el.gunma-u.ac.jp/AnalogKnowledge/

====================================
 11.アナログ人材育成のための研究会 受講者募集
====================================
 課題解決に結びつく先端的アナログナレッジの修得ができる研究会の受講生を
募集します。(詳細は、下記のURLをご参照ください)

◆日  時:9月5日,12日,10月3日,10日,17日,24日の6回(6研究会)
◆場  所:群馬県産業技術センター
◆受講資格:受講に当たっては上司の推薦を必要とします。
     (お問い合わせください)
◆募集の研究会
  ・パワーエレクトロニクス応用回路の動作と評価(9/5(金))
  ・高速デジタル・高速アナログ信号回路入門(9/12(金))
  ・シミュレータによる電磁波雑音とその対策(10/3(金))
  ・雑音・EMCの計測評価の基礎(10/10(金))
  ・パワーエレクトロニクス機器の熱設計(10/17(金))
  ・スイッチング電源設計とシミュレーション(10/24(金))
◆講  師:各分野で活躍中の講師
◆受 講 料:無料
◆定  員:各日50名(定員までに若干の余裕があります)
◆申込締切:実施1か月前(ただし、定員になり次第締め切り)
◆問合せ先:NPO法人北関東産官学研究会
      アナログ技術者コーディネート事業事務局 石川・菊澤
        TEL:0277-30-1656 or 1182(群馬大学内) FAX:0277-30-1192
申込・詳細は↓
【URL】 http://cs3.el.gunma-u.ac.jp/AnalogKnowledge/

====================================
 12.ものづくり基礎講座 〜お申し込みはお早めに!〜
====================================
  ものづくりの基礎が習得できます。社員教育の一環としてご活用ください 。
◆日  時:6月16日(月)、23日(月)、30日(月)
      各13:30-16:30
◆会  場:群馬産業技術センター 交流棟2階 第1研修室(E-202)
◆受講対象:“ものづくり”に必要不可欠な基礎的知識を習得したい方
◆受講資格:県内企業に勤務されている方または個人事業者、起業を計画されて
      いる方
◆到達目標:“ものづくり”に必要不可欠な基礎的知識を習得する
◆講座名、内容:
 6/16(月)「熱処理技術(応用)」
       【内容】状態図の見方(状態図とは、金属の各種変態、二元系平行
         状態図、合金の冷却過程と状態図の見方、すべての成分割合
         で固溶体を作る状態図、共晶を作る合金の状態図)、熱処理
         技術(熱処理とは、炭素鋼の組織の変化、炭素鋼の機械的特
         性(特例)、鋼の熱処理、焼ならし、焼なまし、焼入れ、焼
         もどし、金属の加工と熱処理、金属の再結晶)
 6/23(月)「接合技術」
      【内容】溶接技術(溶接とは、アーク溶接、被覆アーク溶接、サブ
         マージアーク溶接、イナートガスアーク溶接、炭酸ガスアー
         ク溶接、抵抗溶接、突合せ溶接、その他の溶接法、溶接部の
         性質、各種材料の溶接)、拡散接合、摩擦圧接、ろう付、新
         接合法
 6/30(月)「故障解析方法と実例」
      【内容】故障解析とは、解析の基本的進め方、破面観察、起点の観
         察、マクロ破面の観察、ミクロ破面の観察、観察例、破壊の
         事例、評価機器(EPMA、顕微鏡)、各種実機部品の解析事例 
◆講  師:福田俊二 氏 (前職 群馬産業技術センター上席研究員)
◆受 講 料:1日につき、2,570円 (県外企業は1.5倍の3,850円)
◆定  員:各日20名(先着順、最大50名まで)
◆申込締切:各講座開催日の4日前まで
◆問合せ先:群馬産業技術センター 電子機械係
           TEL:027-290-3030 FAX:027-290-3040
 詳細・申込書は↓
【URL】 http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/seminar/kosyu/140602monodukuri.html


◇◆◇【補助金・助成金】◇◆◇◆◇
====================================
 New)13.F/S(事業化可能性調査)支援事業の公募が始まりました
====================================
 本事業では、中小企業の皆様が主体的に実施するF/S調査について、海外経
験が豊富な専門家の経験と知見等を活用し、海外展開に係る必要な支援を実施す
るとともに、必要経費のうちの3分の2について中小機構が負担します。

◆対象者:・中小企業者(1社)
     ・中小企業で構成する2社以上の中小企業グループ
     ・事業協同組合、商工組合、協同組合連合会その他の特別の法律によ
      り設立された組合及びその連合会
◆支援内容:
(1)F/S専門家による支援(※)
 ●国内での事前準備支援
  →海外展開事業計画策定に係るアドバイス支援
  →事前の市場調査及び資料調査の助言及び進捗管理等支援 等
 ●海外での現地調査支援
  →現地調査への同行及び現地アドバイスの実施(現地調査時に、必要に応じ
   てジェトロや在外公館等の現地支援機関を活用) 等
 ●F/S実施後のフォローアップ
  →F/S調査で入手した情報に基づく事業計画の修正や見直し等のアドバイ
   ス支援 等
 ※F/S専門家による支援は、中小機構の専門家を活用する方法と自社で選定
  した民間支援機関等(専門家、コンサルを抱える法人)を活用する方法のい
  ずれかを選択することができます。

(2)F/S調査に係る諸要件
 ●調査対象国数:1ヵ国(原則)
 ●海外現地調査の実施回数・人数・期間
  ・現地調査回数:1回
  ・補助対象人数:原則1名(但し、必要性が確認できれば2名まで可)
  ・現地調査期間:1週間程度(相談の上、決定)
 ● 海外現地調査の実施時期:平成27年2月下旬まで

(3)上記に係る費用補助
  →補助率2/3(1/3は自己負担)、最大120万円を補助。
   但し、賃上げ等実施企業(※)については、最大240万円の補助。
 ※賃上げ等実施企業とは下記ア〜ウのいずれかの条件を満たす企業をさします。
  ア.平成25年において、従業員向けの教育訓練費支出総額(外部研修費用、
    資格取得・技能検定の受験料、定時制高校の授業料等に対する企業によ
    る補助等の総額)が給与支給総額※3の5%以上である。
  イ.平成25年の給与支給総額が、平成24年と比較して5%以上増加しており
    かつ平成26年の給与支給総額を平成25年と比較して増加させる計画
    がある。
  ウ.平成26年の給与支給総額を平成25年と比較して5%以上増加させる計画
    がある。
◆募集締切:平成26年7月31日(木)17時必着 ※郵送(簡易書留)のみ
◆申込・問合せ先:関東経済産業局中小機構販路支援部 販路支援課
        (担当:大田原、林、木村、櫻木)
        TEL:03-5470-1522 FAX:03-5470-1527

 ※詳細・申込は↓
【URL】 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html

====================================
 14.「平成26年度 医工連携推進補助金」の募集のご案内
====================================
 県では、今後の成長が見込まれる医療機器などの医療関連産業を本県のものづ
くり企業の技術が活かせる産業分野として振興しており、この事業は、中小企業
が医工連携により取り組む医療機器の開発や関連事業で、事業化とその後の市場
性が見込まれるものに要する経費を助成することを目的とするものです。
 この度、医工連携推進補助金の募集を6月11日(水)から開始しますので
お知らせします。補助金の概要は以下のとおりです。

◆対 象 者:県内に主たる事業所を有する中小企業者
◆対象事業:中小企業者が医工連携により取り組む医療機器の開発・改良事業で
      市場化とその後の市場性が見込まれるもの
◆限 度 額:500万円
◆補 助 率:1/2以内
◆募集期間:平成26年6月11日(水)〜7月11日(金) 
◆応募方法:所定の申請書(県HPからダウンロード)に必要事項を記入し、
      添付書類を添えて、県庁産業政策課へご持参ください。
       ※申請書は後日アップします。
◆問合せ先:群馬県産業経済部産業政策課 先端医療産業室先端医療産業係
      TEL 027-226-3323 / FAX 027-223-5470
 詳細は↓
【URL】 http://www.pref.gunma.jp/06/g1600407.html

====================================
 15.「平成26年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」
    間もなく公募締切です
====================================
 中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品
化につながる可能性の高い研究開発及びその成果の販路開拓への取組を一貫して
支援する「平成26年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」の公募
が今週6/12(木)に締切となります。
 群馬県立産業技術センターでも申請等の支援を行いますので、お問合わせくだ
さい。
◆公募締切:平成26年6月12日(木)
◆申込・問合せ先:関東経済産業局産業部 製造産業課
              TEL:048-600-0307
 公募要領・申請書は↓
【URL】 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seizousangyou/sapoin/26fy_sapoin_koubo.html



◇◆◇【募集】◇◆◇◆◇
====================================
 New)16.群馬県次世代産業振興戦略会議「東洋大学板倉キャンパス見学会」
     参加者募集
====================================
 東洋大学板倉キャンパスでは、栄養や食品の機能など食に関するテーマを
総合的に研究しています。昨年度からは生命科学部に加え、食環境科学部も設置
され、食品関連研究の拠点化を進めています。
 本事業では、各学部の研究分野や産学連携事例の紹介、研究施設及び設備の
見学を実施します。見学会を通じて、東洋大学との連携を深めてみませんか。

◆日 時:平成26年7月10日(木)14:00〜16:00
◆会 場:東洋大学板倉キャンパス 第2会議室(邑楽郡板倉町泉野1−1−1)
◆対 象:群馬県内の企業 
        ※群馬県次世代産業振興戦略会議への入会が必要(会費無料)
◆定 員:20名(先着順)
◆参加費:無料
◆申込方法:県HPより参加申込書をダウンロードし、FAXにて申込ください
◆申込締切:平成26年6月20日(金)
◆問合わせ先:群馬県産業経済部工業振興課次世代産業振興係
       TEL:027-226-3354 FAX:027-221-3191
 詳細・申込みは↓
【URL】 http://www.pref.gunma.jp/06/g1600547.html


==================================== 
 New)17.平成26年度「製品安全対策優良企業表彰」企業の応募受付および
     説明会を開催します
====================================
 経済産業省は、製品安全に対する積極的な取組を促進し、社会全体として製品
安全の価値を定着させることを目的として、平成19年度より「製品安全対策優良
企業表彰」制度を実施しています。
 第8回を迎える今年度は、5月19日(月)より応募企業の募集を開始しました。

 本表彰は、企業規模を問わず、消費生活用製品に関連する製造事業者、輸入
事業者、小売販売事業者、サービス事業者の方々にご応募いただけます。
 応募・審査を通じて、自社の強み・課題を振り返ることができるだけでなく、
受賞に至れば、自社の製品安全の価値をPRでき、お客様や取引先からの信頼向上
が期待できます。
 皆様のご応募を心よりお待ちしております。

◆対 象 者:(1)製造事業者・輸入事業者 (2)小売販売事業者
◆応募締切:平成26年7月22日(火)
◆応募方法:HPよりお申込みください。

==【説明会】===
 製品安全対策優良企業表彰の応募企業向け説明会を開催いたします。
 説明会では、昨年度の受賞企業より、各社の製品安全の取り組みについて
ご講演いただきます。

◆日 時:平成26年6月18日(水) 14:00-16:00 
◆場 所:経済産業省別館3階 312各省庁共用会議室(東京都千代田区)
◆講演者:日立アプライアンス株式会社(大企業 製造・輸入事業者部門)
          日本福祉用具・生活支援用具協会(特別賞)
      審査委員:渡部利範氏
◆費 用:無料
◆定 員:50名(先着順)
◆申 込:事前に、HPよりお申込みください。
  ※大阪、名古屋、広島、新潟の各会場でも説明会を開催します。
◆問合せ先:製品安全対策優良企業表彰事務局
     (東京海上日動リスクコンサルティング内)
      TEL:03-5288-6583

 表彰制度、応募方法、説明会参加等の詳細は↓
【URL】 http://www.ps-award.jp/


◇◆◇【その他】◇◆◇◆◇
====================================
 18.専門相談員による海外輸出製品に関する技術相談を実施中
====================================
 国際規格に精通した各技術分野の専門相談員が、国際規格への適応・CEマーキ
ング等の取得等の相談に応じる「海外輸出製品専門相談員派遣事業」を実施して
います(無料、事前予約必要)。
 現在、RoHS指令、機械安全、EMC指令の専門相談員3名を登録しています。
また、広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP:1都9県共同運用)で登録
されている相談員による相談も可能です。
◆問合せ先:群馬産業技術センター 企画管理係
      TEL:027-290-3030 Email:git@tec-lab.pref.gunma.jp
 詳細は↓
【URL】 http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/consult/mtep.html

====================================
 19.海外規格解説テキストのご案内
====================================
 広域首都圏輸出製品技術支援センター(以下MTEP)では、中小企業が製品を輸
出するときに必要となる海外規格の相談を受けています。開設以来、多くの初歩
的な質問が寄せられました。 
  そこで、規格の初心者向けに 2シリーズ計15冊の海外規格解説テキストを作成
いたしました。MTEP専門相談員が、海外規格の初心者が勉強しやすいように分野
ごとにまとめ、入門用の解説テキストとして作成したものです。 
  「設計段階から海外規格に沿った仕様で設計を行う」、「開発初期段階での指
示・指導に利用する」など海外展開を目指す際にご活用ください。 
◆頒 布 物:○海外規格解説テキスト(計15冊)
      ・EU指令(CEマーキング)入門    全6冊 
      ・国際規格・海外規格入門        全9冊 
◆対  象:中小企業の方
◆申込方法:下記URLの「海外規格解説テキスト 申込フォーム」に必要事項を記
      載してお申し込みください。 
◆申込締切:平成26年11月末
 詳細・申込みは↓
【URL】 http://www.iri-tokyo.jp/mtep/manual.html 

      
☆☆ 配信案内 ☆☆

 ■「まる得通信」の申込み、配信先の変更、配信停止の手続きは、次のページ
  でお願いします。バックナンバーも掲載しています。
   → http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/info/maru/

 ■「まる得通信」に関するご意見・ご要望は、次のアドレスにお寄せください。
   → git@tec-lab.pref.gunma.jp

 ■「まる得通信」は、『メールマガジン配信希望』の連絡を頂いた方にお送り
  しています。皆様のお知り合いやお客様にもご紹介願います。

 ■「まる得通信」は、等幅フォントを使ってお読みください。


====================================
 発行:群馬県立産業技術センター  http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/
 問い合わせ先:〒379−2147 前橋市亀里町884−1
  群馬産業技術センター 企画管理係
  Tel:027-290-3030(代表)   Fax:027-290-3040
  E-mail:git@tec-lab.pref.gunma.jp
 ●掲載記事の転載・転用を希望する場合は、上記まで御連絡ください。
====================================